カードローンの在籍確認

カードローンの在籍確認とは?

在籍確認

人が銀行や消費者金融などの金融機関でカードローンを利用してお金を借りるためには申込をして審査を受ける必要があります。なぜなら金融機関側としても融資の対象者が誰でもいいというわけではなく、しっかり返済してくれると判断できる人に対してだけ融資をしたいと考えているからです。そして借入の審査はいくつかの方法で行うことになるのですが、その中の一つに在籍確認というものがあります。

これは借入をしようとしている人が申込の際に提出した申込書に勤務先として記載されている会社に在籍しているのかどうかを確認するというものです。どのような仕事をしてどのくらいの収入を得ているのかということは融資の審査の中でも大事な事項に当たるので、金融機関側はしっかり調査することになります。


確認の主な方法

在籍確認

カードローンの在籍確認はどのような方法で行うのかというと原則は申込書に記載されている会社に借入をしようとしている人が在籍しているかどうか電話で確認することによって行います。もちろん電話をかけるときには融資事業をしている金融機関の名前を出さずに取引先の担当者やお客さんを装って個人名を名乗ることになります。借入をしようとしている人も自分の勤務先の人に対してキャッシングしていることがわかってしまうといろいろ不都合が生じてしまうことになるので、この点はしっかり配慮して行っています。そのため在籍確認のための電話をされても基本的にはお金を借りていることがバレることはありません。

普段あまり電話でやり取りをしない人は?

このような人に対して会社に在籍しているかどうかの確認の電話をすると社内の人も少し不自然に感じてしまい、カードローンの知識があるような人が中にいる場合はバレてしまう可能性もあります。そのようなことから電話をしないで会社に在籍していることを確認する方法もあります。そこで借入しようとしている人の勤務先の会社に電話をしないで在籍しているかどうかを確認するためにはどのような方法をとるのかというと勤務先の会社に在籍していることがわかる書類の写しを提出することになります。

具体的には勤務先の会社の給与明細書、社員証、保険証の写しなどが考えられます。特に給与明細書を提出すれば在籍していることの確認だけでなく、自分に一定の収入があることの証明もすることができるので、審査に通りやすくなります。

そしてこれらの書類の提出方法ですが、以前であれば金融機関に対して郵送する方法が多かったのですが、ここ最近では書類の写しをインターネット上にダウンロードして、それをメールなどに添付して送信する方法が主流となっています。そのため郵送の方法で行う場合とは違い、その日のうちに在籍していることの確認をすることが可能です。

インターネット上で行うメリット


即日ですることができることの他に土日祝日でも可能であるということです。一般的に土日祝日は多くの会社は休みとなっているので会社内に社員はいません。そのため金融機関側が在籍確認をするために電話してもつながらないので、その確認をすることができません。しかしインターネット上で勤務先の会社に在籍していることを証明できる書類の写しをダウンロードして送信する方法は平日だけでなく土日祝日でも可能です。土日祝日に在籍していることの確認をすることができれば、平日だけでなく土日祝日でも即日融資が可能ということになり、カードローンを利用してお金を借りようとしている人にとっては大きなメリットです。

 

そして現在多くの消費者金融は電話確認なしで在籍していることの確認をすることができるようになっています。


更新履歴